人間ドック・生活習慣病健診

家族全員が健康で豊かな生活を送るためには、病気の早期発見、早期治療や生活習慣改善が大切です。そのためにも人間ドックや生活習慣病健診を毎年受けられることをお勧めいたします。人間ドックの追加オプション項目として一部の機関で大腸内視鏡を追加しましたので対応可能な機関で受診して下さい。

対象者
  • 人間ドック:35歳以上の被保険者および45歳以上の被扶養者です。
  • 生活習慣病健診:30歳以上の被保険者および被扶養者です。

年齢はその年の4月1日現在の年齢です。

利用方法
  • 本人が直接、契約健診機関(こちらから)に当健康保険組合の組合員である旨を伝えて、予約をしてください。
  • 受診当日は被保険者証を忘れずに持参してください。
  • 受診に伴う注意事項等は健診機関の指示に従ってください。
  • 利用回数は年度内に1回のみです。
自己負担
  • 基本料金および追加検査料金(契約項目)の2割です。
    ただし、被保険者で初めて人間ドックを受ける方(今年度35歳となる方)は、基本料金の自己負担はありません。
  • 生活習慣病健診の対象者が人間ドックを受ける場合は、両者の受診料金の差額は自己負担となります。
  • 契約外の健診機関で人間ドックを受診する場合の補助対象は基本料金と追加検査料金の合計で5万円まで(オプションで脳ドックと大腸内視鏡を追加した場合は10万円まで)生活習慣病健診は3万円までとなります。
その他
  • 受診結果に伴う2次健診(精密検査)は保険診療となります。
  • 受診料の自己負担分は給与引去りとなります。(任継者は別途請求)
    なお、契約外の追加検査料金は当日、窓口でお支払いください。
  • 受診者の方は次の個人情報の取扱いについて同意していただきます。

    ○当組合が健診機関より健診結果報告書の写しを受領すること。

    ○人間ドック等をもって労働安全衛生法に基づく法定健診に代えておられる方については当組合が健診結果の一部を事業主に提供すること。